第二事業部   部長    須永 謙悟

皆さんは身体的、精神的に追い込まれる厳しい状況を経験したことはありますか。社会人になるとそういう状況になってしまうことがあります。
私も何度かそういう状況を経験しました。心が折れ逃げ出してしまいたくなる気持ちになることがありました。しかし乗り越えることが出来ました。
どうやって乗り越えてきたかを考えてみると、周りの助けもありましたが、やはり最後は自分の気持ちだったと思います。
それは仕事を任された責任感とお客様から依頼された仕事をやり遂げる強い使命感だったと思います。
また職場の仲間に迷惑を掛けたくないという気持ちもあったと思います。
そして一生懸命、乗り越えるための方法を考えました。
結果的に失敗してしまったこともありましたが、今も仕事を続けていけるのはこの気持ちがあったからだと思います。
過去に受けた研修で聞いた事で以下のような言葉があります。
『いかなる困難に直面しても目的を放棄せず、時が深更に及ぼうとも最後までやり遂げる不退転の強い意思を持て』今も私はこの言葉を思い出すことがあります。
皆さんも社会人になった時、追い込まれる状況になったら、この言葉を思い出してその困難に立ち向かってみてください。困難には必ず終わりがあります。頑張っている姿を周りの人も必ず見てくれています。気持ちを強く持って頑張ってみましょう。
最後までお読みいただき有難うございました。

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る