取締役 第二事業部部長 渡辺 春敏

 いつもNEXTをご拝読いただき有難う御座います。
今年の冬は全国的に寒気が強く、東北の皆様は例年以上の積雪に苦労されたかと思います。毎年のように雪国の地方では、何処かで雪の影響を受け、渋滞が起きてトラックが身動き出来なくなる事態が発生しています。結果、物流がストップし商品が流通しなくなり、スーパーやコンビニ等は棚が空になるなど、皆さんの生活にも影響が出ていたのではないでしょうか?物流がいかに大事な業界かというのがわかると思います。
さて、今年の4月から3年生に進級し来年に就職を希望されている皆さんは、どんな仕事を思い描いているのでしょうか?将来の仕事を見据えて、専門分野を選んで3年間基礎を学んできた皆さんは、比較的進路もスムーズに「何の仕事をしたいのか?するのか?」
方向性を決めていると思います。しかし、それ以外の皆さんは就職の範囲が広く、中々思い描けないでいるのかもしれません。
篠崎運送倉庫は物流という業界に位置づけをし、単にモノを移動するだけではなく、お客様の商品を正確に品質の良い輸送供給をしています。そして、経済を支える重要な役割を担っています。
国内の貨物輸送は、9割がトラックを利用して流通していると言われています。
篠崎運送倉庫の運送でも、さまざまなモノを輸配送し、常に「安心・安全」を心がけ社会に貢献しています。倉庫では、日常生活や産業活動に欠かせない重要な商品や物資を保管して、必要な時に必要な量を適切に安定供給する役割と、お客様の大切な財産を保管する事業を行っています。
現在篠崎運送倉庫には、皆さんの先輩達が大勢物流に精通しながら日々従事しております。
将来像が思い描けないでいる皆さん!是非、篠崎運送倉庫に見学にいらして下さい。
お待ちしております。以上、最後までお読みいただき有難うございました。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る