須永謙悟

第二事業部部長      須永謙悟

高校生の皆さんへ
皆さんは今学生ですが、いずれは社会に出て社会人として仕事をすることになるでしょう。
そこで仕事について考えた事はありますか。すぐ思い付くとものだと、お金を稼ぐ為にやるのが仕事と言った所でしょうか。
しかしこれだけの理由で仕事をするのはとても勿体無いと思います。
以前、講習で聞いた仕事の意味についてとてもいい話があったので御紹介します。
①最も効率的に、自己を成長させられるのが仕事・・・目の前の仕事を一生懸命、責任を持ってやっていると、段々仕事が出来る様になり、仕事に対する姿勢も良くなり、責任感をしっかり持つようになります。そして成長した自分に自信が付いてきます。
②最も効果的に、他人を喜ばせる事が出来るのが仕事・・・色々な仕事がありますが、どの仕事もきちんと完了させることで、必ず関係する人たちを喜ばす事が出来ます。
③最も大きな達成感を得られるのが仕事・・・特にとても困難な仕事、一人では出来ない組織で取り組む仕事など、大変であればあるほど、やり遂げた時の達成感は格別です。
④最も効果的に世の中の為になるのが仕事・・・便利なものを開発して世に広げたり、困っている人の為に仕事をしたり等々、直接的、間接的でも関わっていると自分の仕事に誇りを持つ事が出来ます。
⑤その上、報酬がもらえる!・・・仕事をするとこんなにもいい事があるのに、さらに報酬がもらえます。どうでしょう、こう見ると仕事とは世の中や自分の人生にとても重要なものとなりますよね。遊んで暮らしていると絶対に得られないものばかりです。
さらにこれは学生生活にも置き換える事が出来ます。皆さんも今の自分に置き換えてみたらいかがでしょか。最後まで、お読みいただき有難うございました。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る