【運送案件のお知らせ】

大型増t、低床ウィング車。

毎日365日、仙台で朝に空車になる車両があります。

もし車両の手配にお困りの方がいらっしゃいましたら是非ご相談ください。

荷姿、商品、配送数量・重量、柔軟に対応致します。宜しくお願い致します。

【倉庫空き案件】

山形県東根市付近 定温倉庫、常温倉庫、約500坪ご利用できます。

低床、温湿管理可、雨天積雪時の荷役可、海上コンテナ搬入可、構内作業可。

路線便宅配便、各車種貸切便、対応可能。

山形空港、東根ICから約10分。

東北方面、関東首都圏との保管拠点に最適です。

是非、ご相談ください。

※上記はブログ掲載時の情報となります。ご了承ください


柳原です。 いつも埼玉の倉庫・物流ブログ をご覧頂き有難うございます。

もし、倉庫保管 在庫管理 でお困り、お悩みでしたら、是非、一度お問い合わせくださいね

本来、物流業や倉庫業と呼ばれる業種ほど、カイゼン活動や5S活動などが躾けられていなければならない業種かと感じます。

もしかしたら、物流業、倉庫業ほどカイゼンや5Sのプロかもしれないとさえ思う時があります。

倉庫業とは、荷主様の寄託商品の荷役、保管、流通加工、包装・梱包、輸送、情報管理を行い、その労働力やアセット分を対価としてご請求させていただき売上とします。

よって売上となる全ての対象品が荷主様のものであり、必然的に寄託品の保全に努め、寄託者の依頼内容に沿う機能を有し、進捗を管理することとなります。

そのための手段として、保管品のロケーションやアドレス、荷役の為の導線、流通加工や包装・梱包の準備やマニュアル、入庫に要する段階から納品に要する段階までの各部署間や他社協力会社様とのSCMが必要になってきます。

物流業、倉庫業とは単純そうで実は広範囲かつ奥深く、自社・他社を問わずあらゆる業種職種と連携しあって、初めて一つの案件をクローズできる業種です。

こんなに一筋縄ではいかない業種であるならば、意識の面では、良くも悪くも常に「なぜ」、「どうして」「どうしたら」とカイゼンの種を探し、種まきを怠らず、息吹かせ、花を咲かせ、咲き方や色合いを検証し、効率化や時短化、省力化、生産性の向上、品質の向上に結びつけなければ、商売の基礎基本である顧客との信用信頼に結びつかなくなってしまいます。

そのためには、「なぜ」「どうして」「どうしたら」の意識とともに、それらを実現するための行動であり倉庫業務として「整理」「整頓」「清掃」・・・はやはり必要な事だと思います。

まさかお預かりしている商品を受注の度に、探す、聞く、数える、考えるをしていたらとても業務にならないからです。

よって、商品にはマスタ登録のうえ表示され、保管場所にはロケ番が振られ、入出庫履歴、日々在庫などと管理去れるわけです。

これは業務として自然と身の回りから定置、定数、定量、見える化、探さない、聞かないといった工夫を常日頃から実施している表れであり、実は自然とカイゼンと5Sの種は存在しているものと考えられます。

よって、更に高品質高効率な物流業務倉庫業務をこなそうとするならば、普段の業務の知恵を日常の身の回りに反映させ、カイゼンや5Sの試行とすれば良いわけです。

自分の身の回りの備品を把握(商品マスタ)し、定置(ロケ番)し、定量(棚入れ数)し、使ったら(出庫)元に戻す(入庫)。

棚表やロケ表のようにアイテムやカテゴリ別に色分けして、表示する。

導線に基づいて荷役のしやすい位置に棚や保管場所を決めるなど。。。

「いつもあるところに無いから」や「探しても見つからないから」買ってしまえの意識では、倉庫業務として置き換えると紛失破損品を、毎回、保険処理や損失補償しているようなもので、利益を幾ら出しても追いつきません。

倉庫業たるもの、カイゼン活動や5S活動を特別に捉えるのではなく、普段の日常業務と同じように考えれば、これほどやり易く、理解できて、すぐ実践できる業種もないのではと考えてしまうほどです。

業務中は仮置きや次工程待ちで、見た目は乱雑に見える時があるかもしれません。

しかし、イザ本日の業務終了となれば、まさか保管品を出しっぱなし、やりっぱなしは無いと思います。

机の上も同じ事。

業務中は乱雑に見える机でも、業務が終われば机の上には何もないはず。

倉庫業としては当り前の精神であり、もし業務終了後にも机の上が乱雑になっているようでは、倉庫業務の基礎基本を押さえ、まともに管理する事は不可能に近いかもしれません。

日常できない事を、ましてや業務でそれを行うなんてあまりにも大変ですからね。

・・・と自分にも言い聞かせ、倉庫業として身の回りや机の上から5Sを行います。

見られれば見られるほど、お客様が「篠崎に商品を預けたら、普段からこんなに整理整頓して管理してくれるのか。。。」と感じ取ってくれるように。

今日もお読み頂きありがとうございました。

Twitterhttp://twitter.com/#!/shinozakiyana

Facebookhttp://www.facebook.com/profile.php?id=100002271743416

アメブロ:http://ameblo.jp/shinozaki-tw/  

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る