まずは、自分の寝床を確保。

皆、周りにキチンと気を使い、なるべく静かに行動します。

特に指示していないにも関わらず、よく研修の意味を理解して行動しているようです。

みんな、スゴイぞ!

腰を下ろして一息ついて、次は腹ごしらえです。

右は弊社の社長。

お決まりのカレーで腹ごしらえです。

皆にはちょっと少ないけど、これもしょうがない。

下界とは違うんです。

こんな高い山の中で、食事が取れる事自体に感謝すればこそ、文句を言っては×です。

ちなみに、我々、大人はビール付き! ヾ(@°▽°@)ノ

まずは、社長から皆に、ねぎらいの言葉がありました。

よく頑張ったね、みんな。

さあ、待ちに待っていた食事タイム。

みんな、ガッツリ、食べまくりです。

・・・んで、すぐ仮眠。

めっちゃ、あっという間でした。

さあ、いよいよ頂上に向けて出発です。

周りは既に真っ暗。

ライトを装着してしゅっぱーつ!

眼下には夜景が・・・

では無く、これ、みんな下から登ってくる登山者の明かりです。

さて、頑張りますかー!


これからは今まで以上に休憩を多く、こまめにとります。

体を標高と気圧に慣らせるためです。

おっと、酸素タイム。

いままで、めっちゃ明るく登ってきた彼が、今では一言も発していません。

みんな、いかにも研修っぽい顔をしてきました。

これからは、お互いに声を掛け合って、登っていきます。

・・・って、おっと、イキナリ頂上の鳥居です。

実は、私も、もう、写真を撮る余裕は無かったんです・・・

でも、この間、3~4時間くらい掛かっているんですよ!

頂上についた証明!

ご来光です。

本当に一生懸命、皆と心を一つにして、励ましあいながら登った後のご来光は、やっぱり格別です。

ご来光の後は、ぬる~いラーメンで朝食。

標高が高いのでお湯が沸騰しないんですね。

頂上で記念写真。

最初ののぼり初めと比べてください。

みんな、笑顔が無いぞ!(笑)

【ご意見・お問合せ・ご相談お待ちしてます】

yanagihara_k@shinozaki.co.jp

Weekly化学品・危険品つうしん』 『Weekly輸入雑貨つうしん』はこちら⇒https://www.shinozaki.co.jp/html/06_mailmagazine.htm

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る