柳原です。

いつもお読み頂きありがとうございます。

弊社では全社員が仕事を行ううえでの基礎となる経営理念があります。

「みんなで分かちあう経営」です。

この理念をもとに、各倉庫ではクレド設定されています。

本社にもモチロンあって、日々の行動指針として日めくりクレドがあります。

本日の本社クレド「来客者の対応は、待たせることなくスムーズに行います」です。

自分に置き換えてみると分かります。

もし、自分が他社様へ伺ったときに「え??」みたいな状態になったら。。。

こういう場合はたいてい、自分が訪問する事を対応された方が聞いていない時が多く、そういう場面を見ると非常に不安になります。

いえ、私自身はそういうことも想定してますから、なんともないですが、いざ、業務が始まった時には、情報共有とその後の対応に不安があるなぁと感じてしまいます。

よって、対応をスムーズに行うには、今日の来客者情報が共有されていればイイわけです。

その情報共有の一番効率的かつ効果的な場は、ズバリ朝礼。

そう、情報共有がなされていない会社は、朝礼がきちんと機能していないか、出席している人、出席していない人が状態化していると予想できてしまい、それはつまり物流品質そのものに直結していると予想もできます。

そうならないように、ましてやお客様ですから、スムーズな対応から弊社の物流品質を見極めて頂こうと思います。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る