柳原です。

いつもお読みいただきありがとうございます。


本日は、朝からお客様が来社して棚卸しでした。


初めて来社したお客様でしたが、弊社倉庫はピック棚から在庫棚まで、何が、どこに、何本、あるかがわかる倉庫現場なので、1時間もせずに棚卸し終了。


棚卸しがスムーズにいくメリットは大きいです。


棚卸というと、双方で、いつの、何時の、何の段階で、どこまでの部分を締め基準とするか、という取り決めや、


その用紙やデータ作成等の準備、取り掛かる担当人員、顧客や調達先へ対応する人員、移動や棚卸時間、準備から最後までの日数、入出荷の制限期間など、


準備と対応にとても多くの時間や労力を費やします。

差異があれば、その追跡調査と処理決済などなおさらです。


これら全ての人員や時間は、本来、お客様の本業である「販売」であったり「サービス」時間であるわけで、棚卸労力を本業にあてていれば当然、少しでも売上があがったかもしれない時間といえます。


とはいえ、現状のままでは棚卸自体は不必要な事ではないので、なるべく全ての業務を最小化できる事が望ましいですね。


また、棚卸に掛かるコストまで考えると、それは莫大です。

それは立会を行う倉庫現場とて同じ事。


しかし、本日、お越し頂いた方はたった一人で正味1時間かからずに終了できました。

棚卸に限らず、上記のような、いつでも、誰でも、何が、どこに、何本か分かる倉庫現場である事もお客様への最大のフィードバックに繋がると思っています。

倉庫現場の方もお越しいただいたお客様も、積雪の寒い中、お疲れさまでした。

現場力が強みです †篠崎運送倉庫HP

埼玉県の倉庫一覧はコチラ

FaceBook

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る