柳原です。
いつも埼玉の倉庫・物流ブログ をご覧頂き有難うございます。
もし、倉庫保管 在庫管理 でお困り、お悩みでしたら、是非、一度お問い合わせくださいね

長野県長野市にある中央タクシー の宇都宮氏。

氏のFB に以下のようなウォールがありました。

≪企画とは何を軸に考えていくのか?

旅づくりの達人の方々はおっしゃることが同じでした。

『この旅は、きっとあのお客様がよろこんでくれるだろうな」と顔を思い浮かべながらつくる。』

ロジカルシンキングより、顔を思い浮かべる。究極のマーケティングだと思いました。

そう考えると、企画は「考える」というよりは、「浮かんでくるもの」、「湧きあがってくるもの」、そうでなくっちゃと感じました。≫

倉庫内で行うカイゼンの多くは、自分が楽になる為に、または相手が楽に成る為に、もしくはコストダウンにつながる為に考え実行します。

手法の軸として5Sを活用しますが、倉庫業のカイゼンには必ずお客様にもフィードバックできる事が重要です。

自分の為に行ったカイゼンでも、結果、業務の時間短縮につながった、業務人数が減った、はお客様にもプラスに働く事ばかりです。

コストダウンであれば、会社の社長や経理担当者は喜んでくれるにちがいありません。

このカイゼンを行った事でだれが喜ぶかを考えると、カイゼンのやりがいにもつながりますね。

「このカイゼンで効果が出た時には、きっと○○さん、喜んでくれるだろうな」

顔を思い浮かべながら行うと、必然的に業務にも温かみが増すのではないでしょうか。

顔を思い浮かべる。

大切なことですね。

気づきをありがとうございます。

今日もお読み頂きありがとうございました。

Twitter http://twitter.com/#!/shinozakiyana

Facebookhttp://www.facebook.com/profile.php?id=100002271743416

アメブロ:http://ameblo.jp/shinozaki-tw/

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る