柳原です。

いつもブログをご覧頂き有難うございます。

 

今日は、車のメンテナンス部品会社の方が来社しました。

約1年ほど前に倉庫保管の件でお問い合わせ頂き、ご縁を頂けた会社です。

その時は諸事情によりお取引にはいたりませんでしたが、先日、再び、数ある倉庫会社様の中から弊社にご連絡を頂きました。

今案件も、弊社による保管、流通加工、JIT納品等のマネジメントコントロールなのですが、これらお客様の希望を実践するのは、実は私ではありません。

それは、いわゆる倉庫現場の社員となります。

よって、本当に弊社とのパートナーとなりえるには、弊社を信用信頼していただく事が必要ですし、それには実際に自社の商品を取り扱う「人」と「現場」を見て頂くほかありません。

私がいくらお客様の前でカッコイイ事を並べても、最終的にはそれほど意味を為さないと思っています。

 

よって弊社の一番の商品である現場力を見ていただく為に今日、物流センター現場にお呼びしました。

 

私にとっては現場力がうちの商品ですから、まさに現場がショールームなのです。

今回の物流センター現場の見学と打ち合わせに際しては、なんと役員様も一緒に来て頂きました。

有りがたい事です。

 

そして、見学とお打ち合わせが終了し帰られた時に、私は今日のご来社でますます確信を持ちました。

パートナーとしてのお付き合い、お取引きには、倉庫設備や見た目等も含めたうわべやその場の取り繕いじゃありません。

人の気持ちを動かすのは、やっぱり人です。

私が営業でアピールできるのは、暑い日も寒い日も現場で汗を流して黙々と働き、それでもご来社頂いたお客様に挨拶や笑顔などを惜しまないみなさんと、その人たちが一生懸命考えて築きあげたカイゼンマインド溢れる倉庫現場です!

回を重ねるたびに「現場のみなさん、カイゼン力ある倉庫現場」のお陰だとしみじみ感じた日でした。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

【 クリック 埼玉県内の倉庫。危険品倉庫・物流センター・低温倉庫の一覧  】

【 クリック 過去記事一覧  】

同じテーマの最新記事

  • なうで紹介
  • mixiチェック
  • ツイートする

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る