柳原です。

いつもブログをご覧頂き有難うございます。

皆さんは仕事でも私生活でも人生においても「明確な目標」を持って事に当たっていますか?

また、掲げていたとしても、それをシッカリと実行しようとしていますか?

 

個人でもそうですし、会社の指針でも同じです。
もし明確な目標をもっておらず、また、掲げていても実行しようしていないのなら・・・

もしかすると長い人生に「無駄骨を折り続けて」いかなければならないかもしれません。
なぜ目標を明確にする事、掲げたのならその目標に向かっていく事が大切なんでしょうか?

こんな話があるそうです。

ある兄弟がロバをひいて歩いていたました。

するとそれを見ていた人から

「ロバに乗らずに2人で引いて歩いてるなんて、なんて無駄なことをしているんだ」

と言われたので、兄が乗ることにしました。

しばらく歩いていると、すれ違った人から、

「自分より小さな少年に、自分の乗ったロバを引かせてるなんて、年少者に対する愛情がないのか」

と非難されてしましました。

 

そこで、弟を無理やりロバの背中に押し上げましたが、弟は遠慮して素直に乗ろうとしません。

すると、それを見ていた人から今度は

「兄の心遣いに対して、なんて礼儀を知らない弟だ」

とまた叱られました。

それでは・・・と、今度は二人で仲良く乗っていたら、
「1頭のロバに2人が乗るなんて、ロバが可哀そうだと思わないのか」
と騒がれてしまいました。

 

周りのみんながあれやこれやと言うので、しかたなく2人はロバをかついで帰ってきました。
せっかくロバが居るというのに、なんとも無駄な骨を折った帰り道でした

 

さて、ただロバと帰ってくるだけなのに、なぜ、この2人の兄弟は無駄骨を折り続けなければならなかったのでしょうか。

その答えは実は・・・

実に簡単な事。

この兄弟は

「ロバを利用するのか」、
「ロバを愛するのか」、
「礼儀をわきまえる事」を重んじているのか、
「年少者をいたわる事」を重んじているのか・・・

要するにロバを引いて帰る目的が確立していなかったのです。
明確な目的を持ち、目的を達するよう向き進んでさえいれば、このように周りの声に惑わされなかったはず。

これは人生、仕事、会社の指針でもきっと同じ事。
面白い話だと思いませんか?

 

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

【 クリック 埼玉県内の倉庫。危険品倉庫・物流センター・低温倉庫の一覧  】

【 クリック 過去記事一覧  】

  • なうで紹介
  • mixiチェック
  • ツイートする

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る