柳原です。

いつもブログをご覧頂き有難うございます。

昨日、管理者養成学校に入校していた先輩達が、無事に帰ってきました。

ガムシャラに体当たりで精神的にも肉体的にも挑んできた方達。

今日、少し在学時の様子を伺ったのですが、皆さん口をそろえて

「大変ではあったけど貴重な体験。正直、今はまた行きたいとは思わないけど、でも一生に一回は必ず行った方が良い!!」との事。

「在学中に教わった中で、一番、心に響いた言葉がある。

今でもハッキリ覚えている言葉。

それは、

『会社で働く社員=ジンザイには人材、人財、人罪という言葉で表す事が出来る。

働いている社員=人を材料としてしまうか、財産とするか、会社にとって罪(法的な罪悪のことではない)にしてしまうかは、社員を教育していく管理者の言動、行動、態度による』

という言葉。

これにはガツンときたなぁ。

管理者として人を教える(てきた)事、育てる(てきた)事が改めて大切な事なんだと感じたよ」

鋭い眼力でしみじみと語ってくれました。

疲労も極限の中で帰ってきて、一日しか経っていないにもかかわらず、このような感想を述べてくれた事にとても感嘆しました。

今は「本当にお疲れ様でした、お帰りなさい」としか言えませんが、威厳を背に背負った皆さんの背中を見て私自身、成長の糧にしていこうと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!


【 クリック 埼玉県内の倉庫。危険品倉庫・物流センター・低温倉庫の一覧  】

【 クリック 過去記事一覧  】

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る