柳原です。

いつもご覧になっていただき有難うございます。

本日午後、就職を希望している高校3年生が社会見学の一環で弊社の行田物流センターに訪れました。

まずはセンター長から挨拶。

埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_42.jpg 

見学前にセンター長から発せられた言葉は「君たちは学生と社会人の決定的な違いを分かるか?」です。

曰く「学生はお金を払って勉強する。社会人はお金をもらって(仕事を通して)勉強できる。」との事。

「大事なポイントは、学生は教わった事を自分の為に使う。でも、社会人は教わった事を相手の為に使う。だから教わった事をアウトプットする事が一番、大切なことなんだ。」

深い言葉だと思います。

部長からの挨拶の後は構内を見学します。

見学中は初めて見る物流センターだけあって、多分、理解ですること自体難しかったかもしれません。

見学後が、実は弊社独自のセミナーが待っています。

新入社員による学生へのセミナー時間なのです。

今回は入社3年目に突入している2人。

埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_43.jpg 

軽い自己紹介の後、各々が当時の自分を思い出し、今の彼らが知っておくべき事を講和します。

彼が3年生の彼らに今一番伝えたい事、それは・・・

「挨拶」と「メモ」


埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_44.jpg 

物流センタースタッフからの挨拶一つでお客様が感動し、ついにはお取引を開始してしまった実話を交え、自身の失敗談なども紹介しながら熱く伝えていました。

またメモは自分が覚えるためのツールだけではなく、メモ一つでミスや事故を防ぐ効果もあることを、こちらも実例(失敗談含む)を交えて紹介していました。

早速3年生の彼らもノートにビッシリ、メモしていました。

これで明日、学校に登校しても誰よりも詳しく、先生に報告できる事でしょう。


埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_45.jpg 

さて続いて2人目。

彼が3年生に伝えたい事。

それは「報連相」でした。

埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_46.jpg 

入社前と今とでは「報連相」に対する考え方はガラリと変わったといいます。

やはり失敗を通じて意識が変わったと言っていました。

彼自身も大きな失敗をした際に「なんで俺だけが」という「不満」はあったようですが、今では自分自身が自ら報連相をしなかった事が最大の要因だと気付き、是非彼らにも知っていてもらいたいという内容でした。

埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫_47.jpg 

教えているつもりが、実は彼らも再確認できた事だと思います。

失敗例も思い出し、語る事でアウトプットもできた事でしょう。

彼らのセミナーを聞ける事で私も勉強になりました。

社会見学に来た3年生の彼らのお陰で、実は私達が勉強できたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

【 埼玉県内に倉庫が6か所、危険品倉庫・物流センター・低温倉庫の一覧 】

https://www.shinozaki.co.jp/html/10_souko.htm


【 過去記事一覧 】
http://ameblo.jp/shinozaki-tw/entrylist-1.html

【 ツイッターでのつぶやき 】
http://twitter.com/shinozakiyana

【 クリック運輸カテ 経営カテ のブログランキングに参加していますクリック 】

埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫 バナー.gif 
埼玉県 株式会社篠崎運送倉庫 バナー2.gif

 

 

 

 

 

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る