柳原です。

いつもご覧になっていただき有難うございます。

先日、弊社の5Sカイゼン活動を視察された方から「実は、自社の5S活動が停滞してしまった」というお話を伺いました。

5Sカイゼン活動の始まりには大きく2通りあると思います。

それは、他者から要望されて行う事と、自ら率先して行う事だと思います。

そして、停滞する原因の多くは、

見栄えや、言葉、格好を気にしてしまい「やりたいけど出来ない」パターン。

やってみたけど結局思ったとおりでなく、やる気を削がれてしまったパターン。

だと思います。

どちらも主人公が自分になっているから起こるパターンではないでしょうか。

誰かから何かを依頼された時や、誰かに何かをしてあげたいと思う時は、その誰かにヒアリングする事から始めるべきです。

依頼されたなら、依頼したその人は何故そうしたいのか・・・

誰かにしてあげたいと思うなら、その誰かは何がして欲しいのか・・・

それら「何故・何」を一番良く知っているのは、その「誰か」だからです。

いくら自分で考えても、どれだけ思考をめぐらしても、その人以上のビジョンや想いは沸いてきません。

当人じゃないからです。

「なぜなぜ5回」を常に繰り返し、カイゼンを活発に行っている行田物流センターの5Sチームのまずやる事は「考えない事」です。

カイゼンを要する現場を見に行き、その現場で働いているスタッフに話を聞き、要望やビジョンを明確に把握します。

そして、すぐに実行してしまいます。

なんと、考えるのは実行の後なのです。

最初の行動は回りからの反応を引き出す布石にすぎません。

実は現場の当人もやって見ないとわからない事が多いからです。

やって見てわかったことをカイゼンするために、初めて本格的に「考える」ことが始まります。

まずはやる事が肝心なのです。

そして、5Sの当事者は「その場」の人なのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

【埼玉県内に6ヶ所、危険品倉庫・物流センター・低温倉庫の一覧】

https://www.shinozaki.co.jp/html/10_souko.htm


【過去記事一覧】
http://ameblo.jp/shinozaki-tw/entrylist-1.html


【物流・ロジスティクス・ブログに関するご意見・お問合せ・ご相談お待ちしています】yanagihara_k@shinozaki.co.jp

 

 

 

 

 

 

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る