お早うございます。

柳原です。

いつもご覧になっていただき有難うございます。

11月18日の朝礼担当者の一言は、自身の行動について考えさせられました。

その一言とは・・・

「今日の仕事は今日限り」。

たとえ、昨日も一昨日も今日も同じと感じる仕事であっても、朝礼担当者が言うように今日の仕事は今日限り。

本当にいつもの通りに何も考えずルーティン作業として今日を終わりにして良いものなのか・・・

いつもと同じ仕事と考えず、何かしら考えながら仕事をこなす事で、何か発見できるかもしれない。

発見できたかもしれない。

カイゼン活動や5S活動も同じこと。

当たり前を当たり前と考えていることから変えなければ・・・

変えるつもりで考えるのではなく、発見(気付き)するために考えるという視点で今日の仕事に取り組むべきなのかもしれないですね。

たとえ何も発見できなかったとしても、考えて仕事をこなせば「今日の仕事に悔いは残らない」ですもんね。

朝一番に大切な言葉を教えていただいてありがとうございました。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る