お早うございます。

柳原です。

いつもご覧になっていただき有難うございます。

先日のS倉庫様がご来社した日の夜、見学会が無事終了し私達も大変勉強になったということで、今後の5Sカイゼン活動の在り方について激論を交わそうということになりました。

リーダーとしての在り方、メンバーとしての在り方、数値化にあたっての意味づけ、単位の表現、また今後の物流業界の在り方などを・・・

え? 画像の写真を見ると激論を交わすような雰囲気じゃないって?

・・・そ、そんな事はありません・・・(;´▽`A“
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

さ、さて・・・ゴホン(-。-;)

やはり今後の物流業界においては、お客様のニーズを先読みできる力と、私たち自身で物流市場を創出できる力、そして、なによりお客様の潜在的に埋もれている問題点を顕在化できる力とソリューション力を・・・
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

ゴクゴク、プハー!

あ! いえいえ、ゴホゴホ・・・

さて、この辺でまじめな本題を。

今回の見学で気付いた点の中で、古沢5Sチームリーダーがまたまた名言を残されました。
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

「見学の後が最大のチャンス」だと。

見学前には社員はもちろんパートさんやアルバイトさんに至るまで挨拶の意識や励行が進みます。

また、表示・掲示物のリファイン、や清掃活動も活発に行うことガできます。

要するに相手目線、相手視点にたった活動ができるということです。

見学中は相手目線、相手視点に立った活動の結果、相手がどのように反応してくれたかを知る事ができるし、何が足りなかったのか、また、何が良かったのかを相手から知ることができます。

そして・・・

見学後は、すぐに足りなかった点をどのように直せば良いのか具体的に分かったので、すぐに取り掛かることが出きる。また、良かった点はすぐに他に伝えて活動が出きる。

すなわち行動に要する原動力を見学前と見学中に備える事ができ、見学後は溜めた原動力ですぐに正しい方向に走ることが出きるということでしょうか。

また、こんなことも言ってました。

「第三者の視点を肌で感じられる見学は、現場にとってはとても貴重な体験と経験になる。なぜなら、第三者の意見とは、我々がつい当たり前のように想っている『固定観念』を覆す良いきっかけにもなるから」

とても美味しい・・・

あ、いえ、。(;°皿°)

とても有意義な夜間ミーティングでした!

ヒック・・・プハー(((( ;°Д°))))

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る