弊社では5Sカイゼン活動を各倉庫間で行っています。

それとは別に、全社的な施策として社内提案制度があり、全社員を対象に「どんなことでも良い」をテーマに提案を募集しています。

提案された案件は月2回にわけ回収され、社内に設置されている提案審査委員会で審議が成されます。

メンバーは各倉庫から選抜された8名。

日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

回収された提案全てに目を通し、全ての提案について、この案はどこの倉庫が担当すべきか、すぐに実施要請するべきか、まずは検討をしてもらうか、などを審議します。

提案内容についてのダメ出しは一切なく、まずは共感することから始まります。

日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

メンバーは提案の一つ一つに良い点や懸念される点などを意見交換します。

この意見交換はかなり熱く交わされます。

中には○○倉庫内のカイゼン提案だったりするものが、この審査会での結果、全社的な活動にしようという提案に変更されたりもします。

こちらは、一つ一つの提案について、各々でメモしている風景。

事務側から見た視点、倉庫現場から見た視点など、考えられるコストや効果も各自で洗い出して自分の意見とします。
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

こちらは、穴の開くほどじっくりと目を通している風景。
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

ちなみに、提案を受けた倉庫は実施までの期間や検証結果の提出などもルール化されています。

そして、この制度には2つの賞があります。

「月間最優秀提案賞」と「月間最多提案賞」です。

また、年間でも賞が用意されています。

様々なカイゼン提案があがってくることで、あらたな視点やポイントに気付くことができる施策です。

「どんなことでも良い」というムリなく気付くことから始められるカイゼン提案制度。

気付く能力を開花できる制度でもあります。

【記事一覧】
http://ameblo.jp/shinozaki-tw/entrylist-1.html


【ご意見・お問合せ・ご相談お待ちしてます】

yanagihara_k@shinozaki.co.jp

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る