第5倉庫の5Sカイゼン活動で秀逸な施策を発見しました。

フォクリフトの置き場所です。

こちらをご覧ください。
日本一のロジスティクス・パートナーを目指す、埼玉県の3PL企業『(株)篠崎運送倉庫』のブログ

一見、ただの停車ラインを引いただけに思われる施策の何のどこがスゴイのか・・・

①何はともあれ、フォークリフトの待機場所があるのがスゴイです。

 だれでも分かる機器類の置き場所を設置しているお陰で、教えなくて済む、探さなくて済む、機器類の故障をす

 ぐに発見できる、などのメリットがあります。

②停止ラインと待機ラインの色分けをしているのがスゴイと思います。

 前後左右の停止方法がすぐに分かる、停止方法や乗降方法を一回熟知すれば良い、安全等に最小限の配慮 

 で済む。

③最小限のラインしか引いていないのがスゴイと思います。

 塗料や備品コストを最小限に抑えて、しかも目的に支障はない。

④ツメの片方だけにしかラインを引いていないのがスゴイと思います。

 このツメのラインだけを見て合わせれば全てが綺麗に収まります。ということは、停車する労力を最小限に抑え 

 ています。まさに最小限のコストで最大の効果を発揮(最小労力・最短教育時間など)できているということでも

 あります。

⑤故障の早期発見に繋がる。

 いつもココに停車しておけば、もし油脂漏れ等があれば床に着きすぐ発見できるはず。

 大きな修理にいたらずに済見ます。修理費の削減に繋がります。

こういう施策ひとつから第5倉庫では、何も縛られない柔軟な発想と、とにかく何でも試してみようという「軽い感覚」のノリ、だからすぐに行動できる、行動できるから工夫が生まれるという風土が伺えます。

そういう風土そのものが何にもましてスゴイと思うのです。

【記事一覧】
http://ameblo.jp/shinozaki-tw/entrylist-1.html


【ご意見・お問合せ・ご相談お待ちしてます】

yanagihara_k@shinozaki.co.jp

ペタしてね

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る