お忙しい中いつもお読み頂きありがとうございます。

内海です。

前回のブログに掲載しましたTTPの続きになります。

行田物流センターでは備品を大事に使っています。
コピー用紙などの紙類の置き場ですが、今回のカイゼンでは発注点を設けたカイゼンでした。image2
使用したままにしておくと無くなったことに気づかなくなり、発注が遅れる。業務も滞ってしまいます。
そこでどの紙類も『残り1部になったら発注する』と決めたそうです。
一見地味に感じますが、どこの職場でも『紙がいつのまにかに無くなっている』ということは
よくあることではないでしょうか?

もうひとつのカイゼンは『備品を種類別に片づけました』というものでした。image3
このカイゼンはどこに何があるか一目で分かり、時短にも繋がります。
ガムテープに至っては『最後のひとつになったら事務員に連絡する事』とあります。
こんなところも『報・連・相』です。

事務員さんたちの優しいきもちが詰まったカイゼンで、気持ちが温かくなりました。

お読みいただいてありがとうございます。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る