お忙しい中いつもお読み頂きありがとうございます。

内海です。

弊社の管理本部の5S施策で『人の目を見て、話を最後まで聞く』というものがあります。昨年からの施策なのですが、現在も継続中です。
『人の目を見て、話を最後まで聞く』工夫として、目玉の親父のカードを首からぶら下げます。

image8
お話しの最中に相手が自分の方を見ていなかったら、そのカードを相手に見えるようにする。
そんなカードを首からぶら下げたまま、外出してしまいました…

某家電量販店様に仕事で行ったときに『目玉の親父』カードを首からぶら下げたまま、行ってしまいました。
カウンターの店員さんに指をさされて、クスクス笑われても気がつかずにいました…恥ずかしかったです。

会社に帰り、そのことを話すと、また社内でも話題になり…いいコミュニケーションのネタになりました。
何でもプラス思考に考えて、仕事に取り組みます。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る