いつもご覧頂きありがとうございます。 

岩手・宮城・埼玉に倉庫と運送拠点を持つ㈱篠崎運送倉庫の柳原です。

岩手県・宮城県・埼玉県の倉庫保管拠点・運送輸送拠点はこちらをクリック!

物流業務にロボットは導入できると思いますか?

例えば、物流の6機能のいえば、輸送 保管 荷役 包装 流通加工 情報管理と大まかに分けられます。

これら業務のロボット化はニュースの世界では少しづつ現実味を帯びつつありますね。

自動運転とか、自動結束機なんかもその一つかな。

でも、いざ、自分の廻りの業務を見渡してみて、目の前の現実てきな業務は果たしてどうでしょう。

入庫荷役、フォークリフトでトラックからパレットに刺して、保管ラックに棚入れする。。。

指定の棚から指定のケースを指定された数だけピッキングする。。。

などなど。。。

フォークが勝手に、毎回微妙に異なる場所に停車するトラックを自分で見極めて、パレットの刺し口をロボットが確認して、荷役するなんて。

積載している商品や積載状態によっては、スピードや取りだす際の微妙な上げ方、倒し方、スピードの調整、こんな細かい部分、人間だからこその経験と知識で安全にそして素早く荷役を行っている。。。

さて、下記のニュースをご覧にていかがでしょう。

 

X-mov Japan/エディオン店舗で物流運搬ロボが商品運搬を実施

日通/物流センターに協働型ピッキングロボット導入へ

日通/倉庫向け協働型ピッキングソリューションの実証実験実施

ZMP/物流支援ロボットに自動運転向けクラウドサービスを連携

Automagi/AIで倉庫内の荷物や人の動線を分析

 

以上はLNEWSから参照させていただいたものですが、今日のほんの数分でこれ以上のニュースが掲載されています。

ピッキングがロボットでできるなんて、気付いていましたか?

現在の可能な条件、不可な条件は、来年はもっと可能範囲は広がり、不可範囲は縮小されている事でしょう。

物流業界のロボット化なんて、まだまだ別の世界の御話し。。。なんかじゃ有りません。

現実の今と近未来の可能性を考えると、ヒヤリとしませんか?

そう、ヒヤリとする事はまだロボットに出来ません。

ヒヤリとできるのは人間だけ。

ヒヤリの感覚は向上のタネ。

物流業界での人間のできる事、人間だからこその事も併せて考えていきたいものですね。

さぁ、さて、それはなんなんでしょうか。。。ハッとしませんかΛΛ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
物流倉庫やロジスティクスセンター、運送・輸送・配送業務での人身・物損事故を防止するために。。。
「ヒヤリ!とできる」気持ちを持ちましょう。
「ハッ!と気付く」気持ちをもちましょう。
「危険だと感じられる」感性をもちましょう。
「危険な事実を知って」予知できる知識を得ましょう。
「ヒヤリ、危険」に遭遇した時、すぐに「ハット気付き、対策できる訓練」をしましょう。

篠崎運送倉庫のHPではヒヤリハット事例集を掲載していますのでコチラも是非ご一読をΛΛ

倉庫保管はもちろん、東北~ 関東・首都圏 ~中部・関西の定期運行や輸送・配送など御相談はコチラΛΛ

t02200103_0239011213340621547

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る