いつもご覧頂きありがとうございます。

岩手・宮城・埼玉に倉庫と運送拠点を持つ㈱篠崎運送倉庫 の柳原です。

——————————————————————————————

昨日、ある案件の相談で行田物流センターに行きました。

タイトルなし

センター長である尾沢部長は、次回の『篠崎道場』で講話を努めていただきます。

『篠崎道場』で講話を努める方は、前週に各倉庫の朝礼に参加し、朝礼PRを行います。

各倉庫では、朝礼の方法が少しづつ違い、自倉庫との違いを発見するまたとない機会となります。

以前、行田物流センターが5Sコンクールを主催し各倉庫に朝礼PRをしたのは、5SチームリーダーでありNo2の古澤次長。

少しづつ他倉庫の朝礼の工夫や、良いと思われるところ、??と思ううところを聞いていたのでしょう。

今朝から、行田物流センターの朝礼にも一工夫、入れたそうです。

その工夫とは?

朝礼時に「連絡事項を発言する人が、いつも決まっている」部分をカイゼンしたそうです。

どのようにカイゼンしたかというと、コチラから「○○さんから連絡事項をどうぞ!」と勝手にランダムに振るそうです。

すると、いままで連絡していなかった人でも、ちょっとした情報から、実は大事な情報まで、キチンと連絡するそうです。

「誰か、何かありませんか?」ではなく、「○○さん、連絡事項をどうぞ!」と振るところがポイントですね。

皆、意外と何かしら情報を持っていたり、多かれ少なかれ大小問わず想っていることがあるはず。

一般の社員にとって、誰も発言しない雰囲気なのに、静寂を欠き切ってでも発言しろ、という方が難しいのは誰しも同じ。

そんな雰囲気を、物流センターのTOP自らぶち壊してカイゼンしていく発想とパワー、そして工夫・・・

さすが!! です。

ますます、次回の朝礼PRと篠崎道場での講話が楽しみになりました。

皆さんの会社では、朝礼時にどんな工夫をされていますか?

お互いの創意工夫の発見の場になれれば幸いです。

【記事一覧】
http://ameblo.jp/shinozaki-tw/entrylist-1.html

——————————————————————————————

物流倉庫やロジスティクスセンター、運送・輸送・配送業務での人身・物損事故を防止するために。。。
「ヒヤリ!とできる」気持ちを持ちましょう。
「ハッ!と気付く」気持ちをもちましょう。
「危険だと感じられる」感性をもちましょう。
「危険な事実を知って」予知できる知識を得ましょう。
「ヒヤリ、危険」に遭遇した時、すぐに「ハット気付き、対策できる訓練」をしましょう。

篠崎運送倉庫のHPではヒヤリハット事例集を掲載していますのでコチラも是非ご一読をΛΛ

倉庫保管はもちろん、東北~ 関東・首都圏 ~中部・関西の定期運行や輸送・配送など御相談はコチラΛΛ

t02200103_0239011213340621547

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る