本社倉庫では最近、5S活動のキモである「見える化(表示)」が進行中です。

5S活動そのものは整理・整頓・清掃・清潔・躾を必ず順番通りに行わなければ意味を成さないし、ほぼ必ず停滞してしまいます。

しかし、どの工程においても必須なのが「見える化」です。

その、見える化から率先して着手しているのが、大野次長です。

無題

いろんな意味で表示をするということは、ここの現場が大小関わらず変化していると感じさせます。

変化に気付けば興味が湧くでしょうし、興味が湧けばその意味を知りたくなるでしょうし、意味を知れば行動に移りやすくなります。

何を隠そう、大野次長は行田物流センターでは5Sチームに属してたのです。

行田物流センターで経験した事を、すぐに本社倉庫でも実践に移すこの行動力・・・

やっぱり凄いですね・・・

おそらく、この表示方法や内容が良いか悪いかなどは後回しだと思います。

まず、行動。そして検証。そしてカイゼン・・・

きっと、古沢次長の言葉『過去ALL善』を受け継いでいるのでしょう。

さて、今日、おこなっていた表示は何なのかは、あえて聞いていません。

次に本社倉庫に訪れるのが楽しみです。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る