第一事業部も本格的に5Sカイゼン活動に取り組み始めました。

その中核でもある本社倉庫 の危険品倉庫では、整理整頓の理念のもと、カイゼンが図られました。

 

ご覧のように白線が引かれ、非常に見た目にもキレイな倉庫に生まれ変わりました。

パッと見ただけでは、単純に線に沿って商品が置かれただけなのですが、その効果は渡辺センター長の言葉から分かるように絶大だったようです。

 

『今まで、お客様からオーダーを頂いて、目的の商品を探し、取り出し、出荷までの時間を100とした場合、整理をし、ラインを引いて整頓した事で、50で出来るようになった。しかも今までは、商品や置いてある場所によっては人数も2人必要だったときもある。でも今では、ほぼ、どんなオーダーが来ても、人数は1人で行えるし、すぐに探し出す事もできるし、すぐに取り出す事もできる。倉庫の機能を存分に引き出せる倉庫へとカイゼンできた。』と。

 

始めたこと自体、とても素晴しいですし、その効果を数字で算出し、誰にでも効果が分かる(=見る化)ようにしたのも非常に素晴しいと思います。

 

『生イカの法則』 の法則にも照らし合わせてみてもまさに合致した施策だったのではないかと思います。

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る