渡辺春敏

取締役部長 渡辺春敏

いつもNEXTをご拝読頂き、有難う御座います。
埼玉は、3月に入り梅の花もあちこちで咲いて満開になっています。そして気温も上がり早咲きの桜も咲き始めてようやく春めいて来たこの頃です。
4月から就職を希望される皆さんは、期待をしながらも不安を感じている事と思います。会社に入社して大事なことがいくつかありますが、1つは「分からない事をそのままにしないで、ちゃんと聞く事も最初は仕事の一部だ」という事です。こんな事を聞いたら、怒られるかも、こんな事も分からないのか、など思われるのが恥ずかしいから聞かない、最終的にはそれで失敗をして上司や会社に迷惑を掛けたり、自分が惨めになる場合があります。恥ずかしくても“聞かぬは一時の恥”と考え、それを肥やしにして自分の成長に繋がるような心構えが必要です。
もう1つは、「言われた事や決められた事は必ずメモをとるように心がける」です。
以前に新聞等で掲載されていましたが、人間は1日の中で起きて活動している時間は、何万個という物事を考えているそうです。ですから人は色んな事を言われたり聞いたりしても完璧に全部を覚えられません。忘れてしまう事が誰にもあります。仕事をしていく上で忘れてしまって失敗をしないようにメモを取り、上司や会社に迷惑をかけないよう心掛けましょう。
そして、年数が経ちあなたが新入社員への教育を任される立場になった時、今まで自分がメモとして残しておいた資料を活用して教育をしていけばいいと思います。
篠崎運送倉庫でも毎年新入社員が入社しますが、皆さんに同じ様な事を言って指導をしています。
4月から3年生に進級し、来年就職を希望される皆さんは、以上のような事も心がけ立派な社会人になって下さい。最後までお読み戴き有難うございます。