岩手・宮城・埼玉に倉庫と運送拠点を持つ㈱篠崎運送倉庫の柳原です。

 

経団連が就活ルールを廃止すると巷ではニュースになっていますが。。。

篠崎運送倉庫では、3カ月毎に倉庫主催で行われる「TTPの会」が開催されました。

IMG_1747

 

TTPの会とは、「とにかく 徹底的に パクる」という意味。

篠崎運送倉庫の社員はもちろん、管理職、役員、グループ会社、運送・配送ドライバーなど全員に向けて開催されています。

IMG_1748

1時間~1時間30分程度で終了するよう工夫されているので、仕事の合間に参加できるよう配慮もなされています。

集客やプレゼン方法、みんなの声集め、聴講した社員からの本音の声をどう次回へ活かすかなどは、全 て主催した倉庫が考えます。

IMG_1751

よって開催方法や内容は各倉庫毎に様々。

メモする社員、深く聞きいる社員、納得いくまで質問する社員、紹介されて いないトコにまで気付く社員、中には行って来いと言われたから参加したという社員、メモもとならない社員、聞いてもいない社員など、参加者も様々。

IMG_1753

紹介する内容は、各倉庫において日常的に行われている5S活動、改善活動の実績紹介。

この会の最大のウリは「仲間が仲間に対し」、「現場の本音を反映した工夫や改善」であるという事。

よって、お客様や上司からの指示や要望に対し、「めんどくさいな~」、「マジでやるの??」みたいな事がキッカケだったりもします。

IMG_1755

でも、 TTPの会では、紹介した5S活動や改善活動に正誤は付けません。

あくまで効果測定の結果とその効果の紹介となります。

何が正しくて何が間違いなどは、実はありません。

自分が何をどうしたいのか、自分だけでは気付かない、気付けないからこそ、仲 間から気づき、教え、教えられ、同じ仲間ですから仲間同士、遠慮なくパクって「共に成長する機会」 という会ですから。

管理職が新入社員から学び、

先輩が新人から気づかされ、

新人はベテランの思慮深さに気付き、

新入社員は管理職からの期待に気付ける、

なんとも素晴らしい会なのです。

これが3カ月ごとに各倉庫で行われているのですから、社員みんなが素晴らしいの一言に尽きます。

考える現場、

実施できる現場、

検証する現場、

結果を活かす現場、

まさに現場がショールーム!

そして自律し自立している高い現場力が垣間見えるTTPの会でしたΛΛ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
物流倉庫やロジスティクスセンター、運送・輸送・配送業務での人身・物損事故を防止するために。。。
「ヒヤリ!とできる」気持ちを持ちましょう。
「ハッ!と気付く」気持ちをもちましょう。
「危険だと感じられる」感性をもちましょう。
「危険な事実を知って」予知できる知識を得ましょう。
「ヒヤリ、危険」に遭遇した時、すぐに「ハット気付き対策できる訓練」をしましょう。

篠崎運送倉庫のHPではヒヤリハット事例集を掲載していますのでコチラも是非ご一読をΛΛ

倉庫保管はもちろん、東北~ 関東・首都圏 ~中部・関西の定期運行や輸送・配送など御相談はコチラΛΛ

t02200103_0239011213340621547

Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る