岩手・宮城・埼玉に倉庫と運送拠点を持つ㈱篠崎運送倉庫の柳原です。

弊社の東北営業所(宮城県大崎市近郊)にて、ドライバーみんなが普通救命講習を実施したと、東北営業所の所長がフェイスブックに投稿していました。

21271229_1805563183069279_5783055260951298490_n

「8月に篠崎運送倉庫、東北営業所にAEDが設置されました。
従業員全員が使えるようにと、9月2日に社員12名で会社の近くにある遠田消防署に行き、普通救命講習を受けてきました。
真剣に講師の話を聞き、人形を使い実践してきました。
最後に修了証を全員頂き、どこでも落ち着いてAEDを使えるようになりました。」

との事です。

21231214_1805563233069274_3726843703539782887_n

救命講習を受ける事自体、大変素晴らしい事だと思います。

実は埼玉県の本社に所属しているドライバーは、業務運行中に、川に転落した自動車に遭遇し、車の中から救助した実績もあるのです。

 

このように、実際の緊急や救助を要する場面に遭遇し易いのは、倉庫の社員より実はドライバーの方が確率が高いのです。

救助で必要なのは、実際にAED

を使ったとか、自分が助け出した、

というより、

周囲の人への協力の呼びかけや、消

防や警察への救助要請、女性には毛布を掛ける、交通整理を手伝うなど、実は周囲との連携力が重要です。

講習の中でも廻りへの協力要請か

ら訓練を始めます。

様々な人が行き交う公道を利用させて頂いている倉庫・運送業として、

イザと言う時、少しでも周囲の方の力にな

れれば、

そして、自分自身のイザ、という時の為にも訓練に励んだドライバーの皆さん、お疲れ様でした。

21270820_1805563269735937_3909397187184214805_n

普通救命講習修了証、おめでとうございますΛΛ