岩手・宮城・埼玉に倉庫と運送拠点を持つ㈱篠崎運送倉庫の柳原です。

運送や倉庫の作業にヒヤリはつきものです。

大事なのは、

「ヒヤリと感じる事ができる感性」と

ヒヤリに「ハッと気づける感性」です。

 

そして、

「ヒヤリと感じた事」に「ハッと気付いた」からこそ、

「カイゼン」に結び付けられる組織力、現場力。

昨年のブログのコピーですが、そのためにも再度、掲載しようと思います。

 

 

柳原です。

隔週で行われている主任以上が集まって開催しているKYT(危険予知トレーニング)会議。

IMG_2764

倉庫や運送時に実際にあったヒヤリハットを持ち寄り異なる視点同士で検証しあいます。

IMG_2765

 

ちなみに。。。

絶対に勘違いしてはいけないとても重要なことがあります。

それは。。。

「ヒヤリハット」ではなく、「ヒヤリ」と「ハッ!と」です。

 

 

「ヒヤリ」は

①危険に気づいていない状態で、唐突に危険に遭遇した状態、

または、

②様々な実績や実体験で自身の経験値や気づき力が向上し、

過去を振り返った時、今では危険と判断できるが、当時は全く気づかずそのままスルーしていた事を思い起こした状態

を言います。

さらに、

③気づく間もないくらい瞬間的に危険が訪れ、しかし偶然に回避できた状態

の事を言います。

 

③は回避しようもありませんので、誰でも訪れる状態なので、問題は①と②です。

①も②も倉庫内や運送時に潜む危険をまずは知る事、すなわち事前に勉強できるという事です。

また、危険が高確率で発生する条件や状態を知る事、すなわち事前に勉強できるという事です。

全ての危険を回避はできにくいですが、せめて危険の存在や危険を発生させる条件や状態を知ることで、多くの危険を回避できるという事。

そして倉庫や運送時に発生する事故の多くがこの①②に当てはまるという事実です。

 

「ハッ、と」は

これらを勉強し気づき力、予知力を身につければ身につけるほど、「そういえばあの時。。。」と過去に偶然に危険を回避できた事に「ハッ、と」気づき、自分自身で過去を振り返る事ができます。

または、

倉庫や運送時の業務中、危険が迫ってくる条件や状態に、「ハッ! と」先行して気づく事ができ事前に回避できます。

 

ちなみに。。。

よく混同される5Sの中の「整理・整頓」も同じ。

「整理ができた」あとに、初めて「整頓」活動が行われます。

同時に行うのは理解されていない証拠。

「ヒヤリハット」も一緒。

「ヒヤリ」で勉強し気づき力を向上した後に、「ハッ!と」でおさらいします。

倉庫や運送などは、無意識に行動していては、危険がどんどん顕在してきます。

皆の意見や視点を伺いながら、どんどんKYTしていこうと思います。

 

 

なお、篠崎運送倉庫のHPではヒヤリハット事例集を掲載しています。

是非、ご参考ください。