行田物流センター

所在地 〒361-0023
埼玉県行田市長野5-9-1(行田市長野工業団地内)
【お車でお越しの場合】:17号バイパス持田ICから鴻巣方面に約10分
【電車でお越しの場合】:JR高崎線行田駅よりタクシーで約20分
埼玉県行田市長野5-9-1
連絡先 TEL : 048-558-1535
FAX : 048-559-5105
E-Mail : info2@shinozaki.co.jp
開設 2006年
敷地面積 3.600坪 倉庫の間取図(PDF)はコチラ
床面積 4.050坪
付属設備 エレベーター 3t×2基・オートレーター 2t×3基
業務内容 常温倉庫低温倉庫

行田物流センターの特長

img_warehouse10_01常温倉庫と低温倉庫を保有し、生活雑貨や米穀等を保管している365日稼動の倉庫です。
パレットラックを使用し、段積みで起きやすい商品の潰れを軽減します。

お客様へメッセージ

倉庫責任者からの挨拶 (取締役 第一事業部 部長 古澤延真)

img_warehouse10_08平成18年4月にOPENした、弊社の中で一番新しい倉庫です。主に輸入雑貨、電線ドラム、電子機器、米穀を保管、流通加工をしています。
通過形(TC)センター や在庫型(DC)センターとしてお客様と連携して365日稼動しています。
流通加工を得意としたスタッフが多く常駐しており、お客様のニーズに合致した物 流サービスには特に定評があります。

行田物流センターの様子・設備紹介

img_warehouse10_09
パレットラック

3F常温倉庫。ムリムダを省いたロケーション管理で高品質な保管を実現。
img_warehouse10_10
オートレーター
上階と連携して迅速に入出庫作業の時間短縮が図れるオートレーターを3機完備。
img_warehouse10_11
エレベーター
3tエレベーターを左右に完備。頻繁な入出庫に対応致します。
img_warehouse10_12
奥行き15mの下屋
大型車でも安全かつ迅速に出入りできる入出庫バース。奥行き15mの下屋で雨天でも荷物を濡らしません。
img_warehouse10_13
加工スペース
冷暖房完備の快適作業環境で作業効率UP!
img_warehouse10_14
低温倉庫
現在は主に米穀を取り扱っています。
img_warehouse10_15
防虫・防鼠・防鳥対策
構内をシャッターで区切る事も可能です。お客様にマッチングしたスペースの確保ができます。
img_warehouse10_16
業務管理表
誤出荷や誤入力などをppmで算出し、全て見える化しています。
img_warehouse10_17
5S掲示板
毎月、各チーム毎のカイゼン報告を掲示しています。
img_warehouse10_18
倉庫見学会
お客様のご要望があれば、いつでも倉庫見学に対応致します。

行田物流センターの見取り図

img_warehouse10_07

  • submit_02
  • submit_01
お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
TEL:0120-918-086 平日8:30~17:30 担当:柳原(ヤナギハラ)
メールでのお問い合わせはこちら
おかげ様で2015年は250件のご依頼をいただきました

熊谷市周辺

PAGE TOP