コンテナへ入れる作業中

ヒヤリハットの状況
蛍光管をコンテナへ入れる作業中に割れて破片が飛び散った。
原因
コンテナに大量の直管蛍光管が立てかけられており、作業開始後そのうちの1本が倒れた。
対策
蛍光管作業時には、常に割れることを想定して取り扱い、保護めがねを着用すること。
おかげ様で2015年は250件のご依頼をいただきました
ヒヤリハット事例集

熊谷市周辺

リクルートサイト