後退走行をしている2台のフォークリフトが激突した

ヒヤリハットの状況
カウンターバランス型フォークリフトがやや高荷の状態で、後退走行をしている時、右後方(進行方向左側)の障害物には十分安全確認をして運転していたが、進行方向右側から直角にバックで近づいてくるフォークリフトに気がつかず衝突した。相手のフォークリフトは自車の後退走行左後方(進行方向右側)には十分注意をしていたが、後退走行左後方には注意不足であった。両車とも後退警音器は自車の音が大きく相手の音には気がつかなかった。
原因
後方への注意不足。自車の音が大きく他の車に気付かなかった。
対策
安全確認の徹底。一度のみならず移動中何度も確認する。
おかげ様で2015年は250件のご依頼をいただきました
ヒヤリハット事例集

熊谷市周辺

リクルートサイト