物流倉庫の整理整頓方法

clean_01「倉庫の中が散らかっていてめちゃくちゃ・・・」
「いつも忙しくて、なかなか倉庫の掃除や片付けまで出来ない・・・」
「一日がかりで、一斉に片付けた方が良いと思うのですが、従業員も少ないしそんな時間が無い」

そうお困りの社長さんや社員さんはいらっしゃいませんか?

同じ職場の同じメンバーで長い期間倉庫作業をしていると、その環境に慣れてしまい、作業効率アップや安全管理が見落とされがちです。結果として倉庫内の整理整頓が後回しになり、どんどん不要なものが溜まっていってしまうことになります。 しかしながら、物流倉庫の整理整頓や収納方法に少しだけ工夫を加えれば、倉庫作業の効率アップ、そしてけがや事故の発生防止にもつなげることができます。

1.整理整頓の事前計画を立てる

整理整頓の事前計画を立てる

倉庫内の整理整頓を行う場合、まずは事前に計画を立てることが大切です。
「いつ」「どこを」「誰が」「どのように整理整頓するのか」の計画を事前に立てておきましょう。そして、実際に整理整頓をする際にはどのような点に注意すれば良いのかを、整理整頓を行うメンバーと事前に打ち合わせておくことが重要です。

打ち合わせの際にぜひ意識してほしいのが、「5S活動」です。5Sとは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」を指します。 5S活動は良好な倉庫環境を作り上げる、またはキープさせる活動としてさまざまな現場で導入されている活動です。この取り組みが現場で徹底されれば、倉庫環境の改善や、それに伴う作業効率アップが期待できます。

また、作業を行う従業員全員に整理整頓のルールを事前に印刷・配布しておけば、作業を行う際にスムーズになります。

2.不要品をチェック

不要品をチェック

整理整頓を始める前に、まずは倉庫内の不要品をチェックします。 家庭での整理整頓では「いるもの」「いらないもの」「判断に困るもの」のボックスを用意してそこにものを入れる、という方法がありますが、物品の多い物流倉庫の場合現実的ではありません。

そこで、不要品をチェックする方法としては「テープ」によるマーキングです。 テープは透明のものではなく、色付きのものを使用。色付きのテープを使用することで、マーキングされているかどうかがひと目で分かります。

テープを用意したら複数人で担当箇所を決め、「不要」「不要かどうか判断に迷うもの」全てにテープを貼っていきます。複数人で実施すれば価値観の共有もでき、総合的な判断もしやすくなります。 「不要」と選別されたものは直ちに取り除き、また「判断に迷うもの」は3営業日、1週間などと判断保留の期間を決め、それまでに判断するようにします。

3.整頓と収納のルールを作る

整頓と収納のルールを作る

必要と判断されたものを整頓・収納する方法としては、用途やカテゴリーで分けて収納、使用頻度で分けて収納、サイズで分けて収納などさまざまです。

時間的なロスが少なく、効率が良いと思われる整頓・収納方法の1つが「使用頻度で分けて収納」かつ「使用する場所の近くに置く」ことです。日常的に使用するものは使用者の手が届く範囲に置くと効率的です。年に数回しか使わないなど、使用頻度の低いものは手の届きにくい場所(例えば倉庫の奥や脚立を使わないと届かない場所など)に保管すると良いでしょう。

物品の保管マップを作れば、倉庫の「見える化」が進められ、物を探す際の時間短縮、ひいては倉庫作業の効率化にもつながります。

4.収納のための什器も点検

収納のための什器

倉庫を整理整頓する際には、収納のための什器も点検しておくと安心です。古くなり耐久力が著しく低下したボックスや棚を使用し続けると、業務中に思わぬ事故が起きてしまう可能性があります。倉庫の整理整頓を進めて効率化を図ることと同時に、従業員の安全を守ることも非常に重要です。そのため、什器の入れ替えを検討する場合は使い勝手が良く耐久性も高いスチールラックの活用がおすすめです。

スチールラックは、棚板、フックなどのパーツの種類が豊富な上、サイズもバリエーションに富んでいます。設置スペースにピタリとはまるアジャスターや移動に便利なキャスターもあるため、これまでデッドスペースになっていた部分にも新たな収納を作ることができるでしょう。

無料物流簡易調査

img_free_01
img_free_02

篠崎運送倉庫のロジスティクスコーディネーターが貴社の物流現場を訪問し、物流のプロの視点で現場をチェック。その後、現場の責任者様と面談をして、カイゼン策や効率化策をアドバイスさせていただきます。

「今後の物流の方向性をどうすれば良いか、今の現場の問題点をどうやって解決するか」ということに悩んでいる方には、かなりオススメのコンサルティングメニューです

おかげ様で2015年は250件のご依頼をいただきました

熊谷市周辺

PAGE TOP